―《  松の仙人 》―

―兵庫県新温泉町浜坂で1人の男が、30年間「松林」を守ってきた.

1日も休むことなく、松林を掃き清めてきた男は生れたその土地をこよなく愛し、

白砂青松のこの光景を何とか残そうとしていた.

その松林に、町の人に来てもらおうとの彼の想いで

毎年1点ずつベンチを作って設置してきた.

その6点目、大きさと高さの違う3つのイチョウの腰かけ―、

座ると揺れる・・・、ユレル波の音・・・

ゆらゆらと、  ゆらゆらと、

―「 待ち受けし松の仙人、雷雲と 」―

128438243754816120483 128438237814416204414_DSC_3150 128441543391516209417 128438263466416205528

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です