・・<観音水>・・・・

二〇〇八年春、数年間大山に滞在していた女性の絵師が旅立つ前に、その時大山の地より姿を現したという「千樹観音」をJHの壁面に描き残した。
風雨に晒され、九年を経て消えゆくその姿の中で、その手にかかる一粒の水滴が、今だその光を放ち続けている.
その大山の麓、淀江に産廃最終処分場の計画が進められようとしている今この時、この水の輝きを失わせてはならぬとの啓示と受け止める.

*抗議の賛同頂ける方の想いを集めています.
 こちらでお願い致します.

http://yodoesanpai.weebly.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です