カテゴリー別アーカイブ: 灯り

「「第13回 因州和紙あかり展」ー鳥取あおや和紙工房~3/26日

明日から始まる灯り展に全国から意欲的な作品が集まる。
今回は初めての出品者が多くバラエティに富んでいて見ごたえがあります。
あなたのお気に入りはどれ?
入賞作品はこちらで.
http://www.tbz.or.jp/…/%E4%BD%9C%E5%93%81%E8%AC%9B%E8…


ジュニアの作品、染めた色和紙で華やか


自作「枕木の行灯」


自作「マキマキ灯り」

<割竹の灯り>・・・

*預かった円錐形の行灯を高く編み足す、もまだ編み足りずー
  寒き冬にはぬくもりのある灯りが欠かせない.
*年明けには鳥取の「あおや和紙工房」で和紙灯り展が始まります.(2/19日に自分が講師をつとめる灯り作りのWSあります、15名)

~聚灯展Ⅱ~塩谷邸の魅力

*本日、取材に来た地元TVの記者も驚嘆する国の登録有形文化財、塩谷邸の魅力ー
特に2階奥の床の間のしつらいは全体が一つの工芸品とも呼べる見事な造りで、ここを目当てに遠くから足を運ぶ客人もあるという。
螺鈿を施した違い棚と上のケヤキの極上玉杢の羽目板、100年以上輝きを失わぬ漆塗りの床板など。代々作られてきたという家具も素晴らしい材に技巧を凝らした細工がされている。

dsc_3546-531x800

dsc_3538-800x489

dsc_3537-567x800-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc_3540-800x531-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc_3541-800x403-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

dsc_3544-800x516-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

~聚灯展~ 塩谷定好写真記念館 11/30-12/12

*鳥取の七人のアカリストによる和紙の灯りが、国の登録有形文化財の「塩谷定好写真記念館」を燈す.
北前船の廻船問屋で財をなし、110年前に造られた建築は他に類を見ないしつらいと全国から集められた銘木を随所にあしらい、贅がつくされている.

塩谷定好
https://ja.wikipedia.org/wiki/塩谷定好
(植田正治にも大きな影響を与えている)

塩谷定好写真記念館HP:http://teiko.jp/

img062

dsc_3484-800x531

dsc_3443-800x531

dsc_3463-540x800

dsc_3454-800x531

dsc_3460-800x531

dsc_3461-531x800

dsc_3445-534x800

dsc_3458-800x531

dsc_3456-477x800

dsc_3533-531x800

dsc_3449-529x800

dsc_3464-800x575

<a href=”http://jupitarianhill.daiverse.com/2016/11/%ef%bd%9e%e8%81%9a%e7%81%af%e5%b1%95%ef%bd%9e-1130-1212/dsc_3468-563×800/” rel=”attachment wp-att-2586″>dsc_3468-563x800

dsc_3474-800x531

dsc_3471-800x531

dsc_3476-800x531

dsc_3477-800x531

dsc_3488-800x538

dsc_3485-800x547