☆「さよなら島根原発ネットワーク」にご参加ください―

3月11日の東日本大震災によって、福島第一原発は、1号炉から3号炉までが最悪事態の炉心溶融
(メルトダウン)を引き起こしました。
 水素爆発による建屋の破壊等によって、高濃度の放射性物質が、海水、大気、土壌に放出され、環境を汚染するという未曾有の大事故となりました。漏れ出した放射性物質の量を考えれば、地域住民や原発の事故処理に当たる人々、特に大きな影響を被る子どもたちの命や健康が刻一刻と脅かされている事態であると推察されます。それどころか、これから生まれてくる大切な子どもたちの健康と生命さえも脅かされているのではと、懸念しています。私たちは、地震国日本に、ここまで原発を作らせてしまったことを深く後悔しています。
 現在、島根原発は、2号機を除いて1号機と3号機が、このたびの福島原発事故を受けてそれぞれ運転再開や試運転開始時期が未定の状態となっています。
 しかし、島根原発の近くには活断層があり、いつ大地震が起きるか分かりません。また、1号機は福島第一1号機と同じくマーク1型の炉であり、欠陥炉と指摘されているものです。このような状態の中で島根原発の運転が再開されれば、原発震災が発生しかねないと、危惧しています。
 島根原発周辺には多くの住民が暮らしていますが、福島のような事態になれば、20万人から40万人の人々が迫り来る放射能に脅え、ふるさとを離れなければならなくなります。私たちは、そのような事態を避けるため、一刻も早く島根原発の廃炉を求めたいと思います。また、省エネや山陰の自然を活用したエネルギー対策が進むことを望みます。
 このたび、その『原発のない安全なくらし』を、たくさんの皆様と力をあわせて実現させたいと、標記の様な「さよなら島根原発ネットワーク」を結成することとなりました。どうか、多くのグループや島根・鳥取両県民の皆様にご参加いただきますようお願いします。
2011年6月18日

◆◆◆インターネット署名にご協力よろしくお願いします◆◆◆
http://sayonara.daynight.jp/shimanegenpatsu/network/shomei/shomei.shtml

   さよなら島根原発ネットワーク
共同代表:
   杉谷 肇(平和フオーラムしまね)
   田中 初恵(農業:雲南市)
   土光 均(鳥取県西部原発反対の会)
   水野 彰子(弁護士)
事務局:
  芦原康江(090-1336-0629)
  高山幸子(0852-24-9318)
  阪本清(090-3372-5685)
  平和フオーラムしまね
  山下貴子

<参加団体>
  原発のない社会をめざす山陰の会(長谷川幹夫)
 憲法を活かす会(清水 勝)
 島根県青年女性平和友好祭実行委員会(川島正典)
 島根人類愛善会(松浦武生)
 日本科学者会議島根支部(上園昌武)
 出雲すこやか会(倉塚香織)
 島根くらしといのちのネットワーク(倉塚香織)
 島根原発増設反対運動(芦原康江)
 平和フオーラムしまね(杉谷 肇)
 松江「たべもの」の会(井口隆史)
 日教組島根(石橋丈治)
 百万人署名運動山陰連絡会(福間郁郎)
 島根県労働組合総連合会(舟木健治)
 鳥取県西部原発反対の会(土光均)
 米子市政研究会(中川健作)
 鳥取県教職員組合西部支部(内田浩文)

2 thoughts on “☆「さよなら島根原発ネットワーク」にご参加ください―

  1. 祖田 信之

    昭和36年参議院議員選挙の時 原子力平和利用について、 池田勇人 氏 藤山愛一郎 氏 の総理 争い時に
    知りました。 当時知識は非常に少なく 、良いことと 当時は 貿易の自由化 への移行 今のTPP問題が主力にて
    当然藤山氏の系列  山本利永 氏 への応援しました。   今深く残念に思っています。
    危険 30㌔ ではありません 100㌔でも危険です。     是非 原発はやめましょう ただ 80歳が近く 運動できません、 従って いろいろ教えてください、協力出来る範囲で ご協力させていただきます・
    ハソコン操作不慣れで、ごめんしてください。   

    返信
    1. mrjupitarian 投稿作成者

      祖田様、コメント有難う御座います。
      今島根原発2号機の再稼働に向けて中国電力が動き出していますが、米子の仲間達と阻止するための運動、デモや反原発候補の選挙支援などを始めています。一度過酷事故が起こるとその被害範囲は予測不可能で、全国民に及ぶ恐れがあるため、距離に関係なく全ての日本人に声を上げて欲しいと思っています。今後共宜しくお願い致します。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です