10/13<第29回 縄文野焼き> 猪風来美術館(岡山県新見市)・・・

*台風後の風の残る中、秋の縄文土器野焼き祭りが執り行われた。この春から作られた百点以上の土器が、燃え盛る炎で半日焼かれ続け、炎の子宮の中から誕生した。 その後、参加者皆で輪になった縄文ダンスで、産まれた土器たちを祝い踊る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です